姫路城 @姫路市

3月のリニューアルオープンの時はチラ見しただけでしたので、城内の見学は大修理の真っ只中以来の姫路城となりました。



姫路城



ご存じの通り、白鷺城ともいいますが、 ハクロジョウ と読むそうで、地元民は決して シラサギジョウ とは言わないそうで……。


はてさて、
見学には相当な時間がかかると覚悟の上ですが、はてさてどうなることやら……。


入城前には小雨の中、風情ある光景も……。












門をくぐって、広場からのワンショット。



まるで合成写真のような艶やかさです。
グッジョブ!


西の丸もきれいに。









さて、入城券売場まで来てみると、天守閣までの待ち時間の表示がありました。



ほぼ、ゲバゲバの時間です(笑)。


一応想定内ということで、もちろん突き進むことあるのみ。




お隣の好古園という庭園とセットになった入場券を。



この時点で約4時間の見学を想定して進みます。

城の入口までは少し距離がある白鷺城。



上って降りて……。

このあたりでは、90分待ちの雰囲気はゼロ。ゆったりと進みます。




いくつかある門をくぐって、少しずつ城内への入口に近づくと。天守もチラホラ見えることがあります。













天守への道が狭くなり狭間の数が増えた頃、渋滞の最後尾が。




ここからは約30分かかって城内への入口へたどり着きました。









もちろん城内でも入城規制が。



見学が終わった人たちを小出ししながらの入城です。












2本ある大黒柱の一つです。経年劣化の
強度を保つため、今のものは継いであるのですね(笑)




天守の4階以上は、少し待ちましたが規制のお陰で比較的ゆったりと見ることができました。





上からの眺望は格別です グッジョブ!




こちらを見て城を降りました。









城を出てからは、さらに明治、昭和、平成の鯱を見て、



西の丸へ向かいました。




こんな見事な芝をみながら進みます。




中は有名な百間廊下。




こんな急な階段をのぼると、廊下が見えるのです。







アップダウンは余りありませんが、やたら長い廊下が印象的です。



代々の城主やそれにまつわる様々な逸話は歴史に疎い私でも楽しめます。



そしてこちらが国宝認定の文言。
昭和13年 今はなき 文部省とあります。






天守も西の丸も土足禁止
靴を入れる袋も、白鷺です。




表に出て、急な階段を降りると西の丸の出口です。









天守に入る前にいただいたパンフレットをしっかり見なかったので、見所を何ヵ所か見落としていました。


また機会を作って見に来たいですね。


ここまで約3時間、ちょっと疲れましたがお隣の好古園ももちろんお伺いしました。


長~い、記事になってしまいました。



姫路城
姫路市本町68番地
休城日 12/29、30
9:00-16:00(入城)
079-285-1146




スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
おもに神戸・大阪の食情報について書いています。
お店の情報は、訪問時のものですのでご了承ください。




無料カウンター

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる