鳥獣人物戯画と高山寺 @京都国立博物館

大人気の 鳥獣戯画、天気の悪い日に出かけたのですが、予想に反して素晴らしい人出。

開館前なのに、すでに200メートルほどの行列です。



鳥獣人物戯画と高山寺



待つこと40分余り、やっとのことで会場の入口に到着です。




ここで入場券を購入。












奥に進みます。


それでも博物館の入口までまだ200メートルほど。








途中にある、こんな絵を見ながら少しずつ進んでいきます。




これは撮影OK。













チケットを買ってからさらに20分ほど、やっとのことで入口です(笑)




ここまでは、写真撮影OKでした。




館内も混雑していて、一番面白いといわれている、甲巻は館内で50分ほど待って見ることができました。


外に出ると、雨は傘が要らないくらいになっていました。

一部ですが、紅葉もキレイ。




国立博物館には古風な建物と現代建築の建物の二つが楽しめます。


こちらが鳥獣戯画を開催していた明治館。







そしてこちらが、京のいざないを開催している平成館。







平成館には、陶磁器の変遷や野々村仁清、永楽保全など京焼の名工たちの作品、刀剣なども見ることができました。

こちらも素晴らしい。


延べ3時間弱の観覧になっていました(笑)


我々が国立博物館をあとにする頃には、なんと4時間待ちの行列になっていました。



大盛況ですね。



鳥獣人物戯画と高山寺は、24日までの開催です。



スポンサーサイト

theme : art・芸術・美術
genre : 学問・文化・芸術

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
おもに神戸・大阪の食情報について書いています。
お店の情報は、訪問時のものですのでご了承ください。




無料カウンター

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる