赤穂かきまつり

(ちょっと日が経っておりますが…………)

姫路駅のえきそばの後は、赤穂線に揺られて播州赤穂駅に到着しました。




ここから有料シャトルバスで会場の海浜公園まで移動します。
駅南側から出るシャトルバスは分かりやすいところに停車していました。

赤穂牡蠣まつり (1)


駅から約10分程度の道のりです。

赤穂牡蠣まつり (2)


海辺の景色を見ながら会場のに到着です。

赤穂牡蠣まつり (3)


赤穂牡蠣まつり (4)

開場の9時前には500人くらい行列をしていたそうです。


会場には9時30分過ぎに着いたのですが、すでに長蛇の列のブースやお店も見られます。

すでに牡蠣を手に会場を後にしている方もおられます。


とりあえず案内書を。

赤穂牡蠣まつり (13)



牡蠣に関係のないブースもたくさんあります。

赤穂牡蠣まつり (6)


こちらは入り口近くのかきおこ。

赤穂牡蠣まつり (5)




まずは有料ブースに向かいました。

赤穂牡蠣まつり (9)


まずは蒸し牡蠣(300円)をゲット。

赤穂牡蠣まつり (10)


赤穂牡蠣まつり (11)


身も縮まず、ふっくらジューシー。




さらに奥に進むと、人、人、人……。

赤穂牡蠣まつり (12)



どうしても焼き牡蠣が食べたかったので、行列に並ぶことに。

赤穂牡蠣まつり (14)


この日は8000個の無料配布が予定されていたようですが、超大量の牡蠣が積み上げられていました。

赤穂牡蠣まつり (7)


漁協関係の方と赤穂市と思しき方々が炭火で丁寧に焼いてしました。

赤穂牡蠣まつり (8)


炭火が8台ってことは、1台で1000個焼くのですね……。


そして30分近く並んで、なんとか1個ゲットしました。

赤穂牡蠣まつり (15)

赤穂牡蠣まつり (16)


こちらもふっくらジューシーでおいしいです。


まだ珍しいものがないかと会場をうろうろ。


ありました。ちりめんじゃこ。

赤穂牡蠣まつり (17)


1ます300円という触れ込みにつられて買ってしまいました。

赤穂牡蠣まつり (18)


小ぶりで結構大きさのそろったいいちりめんじゃこでした。

家に帰って、電子レンジでサクサクのおつまみにしたことは秘密です。


さて、もう少しうろうろと。

するとこんな看板が……。

赤穂牡蠣まつり (19)


てっきりバター焼きの牡蠣にポン酢かと思いきや、別々のもののようです。

ということで、バター焼き(500円)を。

赤穂牡蠣まつり (20)


バターの風味がいいのですが、やはりポン酢がほしかったですね。(笑)


そろそろ会場を後にしようとしたとき、入り口近くにこんなお店がありました。

赤穂牡蠣まつり (21)

牡蠣入り揚げかまぼこ(200円)

ごぼ天の牛蒡の代わりに牡蠣が入っています。


出来上がりを売るのではなく、店頭でおじさんが一つずつ包んで揚げています。

プロだから当たり前なのですが、その手際が素晴らしいです。


まずはすり身を広げて、牡蠣を載せます。

赤穂牡蠣まつり (23)


へらでくるんで紫蘇をトッピング。

赤穂牡蠣まつり (24)


紫蘇を生地に張り付けて……。

赤穂牡蠣まつり (22)


ここまで1つ10秒くらいで油の中へ……。


ゆっくりと揚げれば完成です。

赤穂牡蠣まつり (26)


赤穂牡蠣まつり (27)


すり身も牡蠣もプリッとしていて、なかなかいいですね。

他には海老や烏賊などもありましたが、もちろん牡蠣が一番売れていました。


蒸し牡蠣、焼き牡蠣、バター焼き、揚げかまぼこと堪能して帰途の路につきました。


赤穂牡蠣まつり (28)


もし来年来るなら、開場と同時に入場した方がいいですね。

ただそれには、いったい何時に自宅を出発すればいいのでしょうか?


赤穂かきまつり
スポンサーサイト

theme : ブログ
genre : ブログ

comment

管理者にだけメッセージを送る

.

私は赤穂は去年人の数にまいってしまい今年は日生で堪能しました。赤穂かきまつりの日とかぶらなければそんなに混雑していませんでした。

.

>アンカツさん
ここが播州赤穂かと思うほどの混雑ぶりでした。
活気のある雰囲気は良いのですが、並んで食べるのと交通費&移動時間を考えると神戸市内で牡蠣のお店もありかと思ってしまいました。
プロフィール

おじゃる

Author:おじゃる
おもに神戸・大阪の食情報について書いています。
お店の情報は、訪問時のものですのでご了承ください。




無料カウンター

ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる